廃墟探索小僧

鏡山の薬師石出し道隧道&鳴谷池へのアクセスと感動ポイント(竜王アウトレット激近)

スポンサーリンク

龍王アウトレットからすぐの鏡山にある薬師石出し道隧道と廃トンネルと鳴谷池はなかなか感動できるスポットだった。

普通に生活していては得られることのできな非現実感を得ることができたのでレポしていこうと思う。

目次

鏡山登山口までのアクセス

鏡山登山口までのアクセスは割とわかりやすい。「三井アウトレットパーク」をナビに入れて出発すればいい。

そして、下記画像の青矢印の通りに進む。

f:id:muscletrainingmanial:20170314052558p:plain

青丸のところにはおそらく鏡山登山客向けの駐車場がある。鏡山登山客かはわからないが、たくさん車が止めてあった。竜王アウトレットの客用の駐車場かも。

いずれにせよ無料で監視などもなさそうな駐車場だ。下記画像はその駐車場から竜王アウトレットを撮った写真だ。

f:id:muscletrainingmanial:20170314051924j:plain

だいたいの位置はわかってもらえたと思う。そして、先ほどの画像の赤矢印の通りに進むと登山ができる。

必須の持ち物

・長靴または登山用の靴(トンネルの中は水が溜まっていてすねくらいまでの深さ)

・汚れてもいい服、ズボン

・ライト(真っ暗なトンネルの中を照らすよう)

・水分

・マスク(花粉症の人は)

普通に登山をすることになるので、普段の廃墟用の装備ではやや心もとない。これくらい準備しておけば大丈夫だ。

感想ポイント1 鳴谷池

さて、登山口からスタートだ、入り口はこうなっている。鎖があるがもちろん突き進む。

f:id:muscletrainingmanial:20170314053521j:plain

 ハイキングコースがわかりやすく示されている。

f:id:muscletrainingmanial:20170314053645j:plain

 楽しい探索になりそうだ。

f:id:muscletrainingmanial:20170314053728j:plain

沢沿いをどんどん進んでいくとダムのような貯水このようなものが見えてきた。一気に登山感が出てきた。

f:id:muscletrainingmanial:20170314053802j:plain

これは鳴谷池ではない。ダムだ。

f:id:muscletrainingmanial:20170314053856j:plain

 さらに進むとやや景色が変わってきた。 

f:id:muscletrainingmanial:20170314054352j:plain

山の空気がおいしい。

f:id:muscletrainingmanial:20170314054418j:plain

そんなことを思いながら鳴谷池が見えてきた。写真では微妙だが、実際に見るとそこそこ感動できる。

こういう場所は地元の若い子たちがゴミを落として帰りそうなのだが、ゴミ一つない綺麗な場所だ。よく見たらゴミは一つあった(笑)。

f:id:muscletrainingmanial:20170314054458j:plain

まあでも池はきれいで素敵だ。

感想ポイント2 薬師石出し道隧道

f:id:muscletrainingmanial:20170314054806j:plain

ここで山頂に行く場合は山頂の矢印方向に行くのだが、鏡山の薬師石出し道隧道(廃隧道)を見たい場合は下記画像の右方向へ進む。

f:id:muscletrainingmanial:20170314054917j:plain

薬師希望が丘下山へすすもう。

f:id:muscletrainingmanial:20170314055032j:plain

そして、この矢印を曲がってすぐ、左側を注意してみているとこんな穴が出てくる。薬師石出し道隧道だ!

f:id:muscletrainingmanial:20170314055110j:plain

 中はこんな感じ。穴マニアの方のブログによると滋賀県唯一の素掘り隧道でこのままの形で残されているのはかなり珍しいらしい。

f:id:muscletrainingmanial:20170314055300j:plain

 オレの写真が下手だが、かなり感動する。他の方のブログを見ればオレの写真の下手さは一目瞭然だ。

奥に行くほど水が深くなっていき、すねくらいの高さはある。そう、この非現実感を味わいたかったのだ。

最後は途中で行き止まり。完全にふさがっていた。

ここまでで30分か40分くらいかかっただろうか。登山にしては短い時間で疲労度も少ないほうだ。

日が暮れてきたのでここで下山した。次は山頂方面にも行ってみようと思う。